続・ディズニーってすごい!

この記事は3分で読めます

ディズニーランド 画像

高橋です。

昨日のディズニーランドの話は
読んでもらえましたか?

僕がすき焼き定食を食べながら、
鼻水と涙が垂れそうになるほど
感動したエピソードを話したわけですが(笑)

読んでみてどうでしたか?

感動を分かち合えていれば
いいなあと思っています。

ただ、ひとつ言えるのは

『あぁ~いい話だなぁ・・』

。。。

で終わっていたら、
あまり意味ないということです。

ここから何を学びとるかが大事です。

感動して終わるか。
そこから何かを『学ぶ』か。

極端な話ですが、
ほんの少しの『学ぶ』意識で、
年収が2倍になると思っています。

特に情報ビジネスの世界では、
その差が顕著に表れるます。

僕はいつも言っていますが、
『日常全てがコンテンツ』ってことを、
再度伝えたいなと思います。

日々感じたことや、目にしたものから、
全て学びとれることがありますし、
学びとることが大事です。

それをできるようになれば、
かなり安定して情報ビジネスで
稼げるようになるわけですね。

※すごく抽象的な話ですが、
抽象的だからこそ大切です。

この前僕はメルマガで、

『ライオンから学ぶ成功体験』

について話しました。

1週間ほど前のメルマガで書いたので、
もしまだ見てない人がいたら、
メールボックスを探してみてください。

このメールはものすごく反響が
大きくて好評でした。

『ライオンのたてがみの色』

という一見誰も気にしないところから、
ビジネスにも役立つことを学びとり
発信しているからこそ、
共感と反響を得られるわけです。

僕らは常に色々な物事に触れて生きています。

何も考えずに過ごしていれば、

・・・いつも通りの最寄り駅から電車にのり、

いつもと同じように階段の左側を駆け降りて、

特に周りの人や広告を気にすることも無く、

だいたい同じ車両に載り、

うつむきながら会社や学校に向かう。

・・・こんな感じだと思います。

見えている景色が、
全く変わらなく感じられると思います。

ですが、これはかなりもったいないです。

『学ぶ』チャンスを
ドブに捨てているようなものです。

僕は色々なカフェを巡って、
読書をしたりパソコンをいじったりしますが、
そのときも常に周りの色々な物事から、
できる限り吸収しようと意識しています。

『この店のオーナーはどういう意図で、
この色の机を置こうと思ったのだろう』

『Facebookページやってるみたいだけど、
どんな風なコンセプトで集客してるのか見てみよう』

などなど、常に周りの物事をみて、
その意図や裏側を考えています。

よく僕に来る相談の一つに、

『ブログに書く内容がありません><』

という内容のものがあります。

確かに、最初から発信のネタが
ポンポン思いつくことはあまりないと思います。

それは難しいと思います。

ですのでまずは、

『常に周りに目を配り、
何か学べないか吸収し続ける』

ということを意識してみてください。

少しずつ発信するコンテンツが増えてきます。

それが意識できたらあとは、

『発信力』

だけです。

いつも言っていることですが、
コピーライティングやスピーキングを
身につけるだけでいいのです。

それだけでOKです。

特別な知識は必要ないですし、
辞書のような専門書を読む必要もありません。

これだけで、

都心の家賃6桁のマンションに住み、
好きな時に仕事をして、
ダラダラしたり旅行したりする
自由なライフスタイルは手に入ります。

ぜひ、常に周りから学びとる意識を、
持ってみてください。

一番オススメの方法としては、
スマホのメモ帳に

『コンテンツメモ』

というページを作ることです。

映画をみたり、マンガを読んだり、
街を歩いていたり、電車に乗っているとき、
気付いたことを全てメモできるページです。

まとめてメモできるページを作っておけば、
常に周囲から学ぶ意識が持てますし、
忘れることなくメモして後で
見返すことも可能です。

ももいろクローバーのプロデューサーである
ヒャダインこと前山田健一さんも、
曲のインスピレーションが湧いたらすぐに、
iPhoneのボイスメモに声を吹き込むそうです。

あとで聞き返せるように、
すぐに音を保存しておくのだそうです。

後で思いだそうと思っても、
なんとなく曲調が出てくるだけで、
細かい音の雰囲気などが
損なわれてしまうからですね。

それと同じです。

常に学ぶ意識、
そして常にメモ。

ぜひ意識してみてくださいね!

・・・・・

ディズニーランドの話を
掘り下げようと思ったんですが、
こっちのほうが大切だと思ったので、
違う話をしてしまいました(苦笑)

=============

“ディズニーランドが
現代の理想のビジネスモデルに
100%マッチしてる理由と
朽ち果てないその緻密な戦略”

==============

みたいな感じのことを
話していこうと思ったのですが、
それは今度にします。

僕らがやってる情報ビジネスにおいても、
2013後半~2014年にかけて、
ディズニーランドと同じ戦略を
取り始める人たちが増加しています。

実力のある人はみんな、
2013年の終わりあたりから、
その方向にうごいていますね。

ですが、まだ気づいていない人は多いです。

『聞いてみたい』

って人が多ければ話していこうかな。

メールお待ちしてます。

では!

高橋謙太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 沖縄 画像
  2. ネットワーク
  3. 丁稚奉公 画像
  4. 社長室 画像
  5. 理科 画像
  6. お金 画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メールマガジンはこちら



お金や時間に縛られない世界で自分だけの理想の毎日を手に入れる無料メールレクチャー!詳しくはこちら



※現在、Yahoo!メールで登録すると不達になる可能性が高いため、Gmailでの登録を推奨しています。

このサイトについて

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 吉野家 画像
  2. 丁稚奉公 画像

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。