2014年を勝ち抜く緻密な戦略(続・続・ディズニーってすごい!)

この記事は4分で読めます

ディズニ−2 画像

どうも、高橋です。

今日は、この前の続きで

『ディズニーランドがいかに
現代の理想的ビジネスモデルか』

という話をしたいと思います。

以前メルマガで、

「2013年終わり~2014年にかけて
情報ビジネス業界でも、
ディズニーランドのビジネスと
同じ動きをしている人が多い!』

という話をしました。

覚えてますか?

「聞きたい人いますかー?」

って感じでメールをしたら、
いろんな人からメールが来ました。

自分なりの予想を、
メールしてくれた人もいました。

今日は『回答編』ということで
結構学びが多いと思うので、
ぜひ最後まで読んでください。

2014年以降情報ビジネスをするのなら、
かなり大事な話になってきます。

この話を聞いておかないと、
もしこの流れが激化したときに、
生き残れなくなるかもしれません。

逆に知っておけば、
時代の波に乗ってファンを集め、
ドンドン収益を倍化させられると思います。

バシッとインプットしてくださいね。

さて・・・・

いただいた回答の中に、
こういうものがありました。

『まずは無料で価値提供をして
相手にファンになってもらう、
という戦略ですか?』

といった意見です。

確かにこれも、
ディズニーの戦略としては
間違っていないと思います。

ディズニーランドの従業員は、
サービスを徹底していますし、
それによってリピートする客も
きっとたくさんいると思います。

ですが、それは2013年以前の
情報業界でも行われていたことで、
2013年終わりからの動きではありません。

僕が今回お教えしたいのは、
ディズニーランドが行っている
“コミュニティ”戦略です。

2014年からは特に、
ディズニーランドのように
居心地の良い『コミュニティ』を
作ることが大切です。

今までの情報ビジネス業界では、

「こんなノウハウを教える教材売りますよ~」

「○○さんのこの商品いいですよ~」

というように、
コンテンツをメインに提供することで
皆売上をあげていました。

しかし今では情報もネットに溢れていて、
本当に真新しい確信的な情報は、
あまり見つからない時代になっています。

それもあって今重要視されるのが、
居心地の良いコミュニティなのです。

例えば、ただDVDを売って終わりではなく、
『スカイプのチャットに招待!』
『LINEグループに招待!』
などが増えています。

これだけだとすごいチープなのですが、
ディズニーランドのように入場料を払って、
単発ではなく長期的に遊べる(関われる)、
コミュニティを作る人が増えているのです。

まずはこのことを覚えておいてください。

そしてここからは、
すごくテクニカルな話になります。

大事な概念なので、
しっかりと聞いてくださいね。

ディズニーランドも一種のコミュニティであり、
入場料を支払って中に入りますよね?

あれって、入場料いくらくらいでしたっけ?

・・・・6000円くらいですか?

最近言ってないので、
よくわからないのですが(汗)

まあ、値段はどうでもいいとして…

ディズニーランドの収益って、
どの部分で一番出てると思いますか?

「いやいや、高橋さん、
そんなの聞くまでもありませんよ」

「入場チケットがあれだけ高いんだから
もちろん入場料でしょう」

と思う方もいるかもしれませんが、
実は、違うんです。

あまり知られていない事実かもしれませんが、
ディズニーランドの収益構造は、

・入場料⇒45%
・物販、飲食⇒54%
・その他⇒1%

なのです。

入場料が大きいのかと思いきや、
それ以上にテーマパークの中で、
支払うお金のほうが大きいんですね。

まさに、このシステム。

これがコミュニティ型ビジネスに近いです。
(テーマパーク型という人もいます)

今までは「情報コンテンツを買う」という
入場料で大きなお金を受け取って
ビジネスを展開している人が多かった。

でも2013年終わりからの流れは、
そうではありません。

入場料は安くてもOK。

その代わり居心地の良い
コミュニティをつくって、
信頼関係を構築し、
その中で+αのビジネスを作る

といったビジネスモデルが、
人気になってくると思います。

というか、もう既にそうなっています。

…サラッと言いましたけど、
今話したことはすごく重要ですよ!

もう一度いいますが、
入場料は安くてもいいから、
居心地のよいコミュニティを作る。

ディズニーランドであれば、
行き届いたサービスや徹底された世界観が、
最高のコミュニティ(テーマパークを)
作ることにつながっているのです。

そしてテーマパークの中で、
ポップコーンやミッキーの耳とか、
ぬいぐるみとかがドンドン売れるわけですね。

なので、これからは
ただ情報を商品とするだけでなく、
コミュニティを作ることが重要です。

規模の大きさはいりませんし、
形式も色々な方法があると思います。

メルマガの中でコミュニティを
作ってもいいと思いますし、
リアルで集まれるコミュニティを
作ってもいいでしょう。

少ない人数でもいいので、
コミュニティを作ることを、
頭の片隅にぜひ残しておいてくださいね。

では、今日はこの辺で!

感想などあれば、
シェアしていきたいので
送ってくださいー!

高橋謙太郎

追伸1:

映画、永遠の0を見てきました!

いつも言ってることなのですが、
『ストーリー』というのは
コピーライティングにおいて
かなり強力な武器です。

永遠の0も人気なだけあって、
『理想のストーリー構成』
に沿っている部分が多かったです。

めちゃくちゃ参考になりました。

この前も書きましたが、
ただ『感動した~』で終わるのではなく、
こういう映画からも学ぶ意識を持つことが、
発信力の向上につながりますね。

実際僕も今回は、
かなり勉強になりました。

是非、日常の色々なところから
学ぶ意識を持ってみてください。

永遠の0も具体的に取り上げて、
『ストーリーテリングセミナー』も
近々やろうかな~なんて考えてます。

最近は発信したいことが多くて、
どれからやってこうか迷っちゃいますね!

ガンガンメールしてこうと思うので、
消化不良にならないように、
しっかりアウトプットしながら
ついてきてくださいね。

追伸2:

あ、いい忘れてましたが、

「自分も永遠の0見た!」

って人はぜひ感想を
教えてください!

他の人の感想も聞いてみたいので。

追伸3:

ネットビジネス業界って、
与沢さんみたいに表にバンバン出る人と、
裏で実力がかなりある人がいます。

『裏』っていうと聞こえが悪いですが、
名前をあまり出さないってだけで、
ものすごい実力者が結構います。

表の人よりも、
ものすごい実力や実績を
持っている人がいたりします。

実は今日の昼間、
『裏』のトップのような人の事務所に
招待されて遊びに行ってきます!

ネットビジネスに『メルマガ』
という概念を持ち込んだ人です。

ヤフオクに『情報』というカテゴリを
最初につくらせた人でもあります。

正直知る人ぞ知る、
『情報業界の第一人者』
って感じの方です(笑)

その人の弟子?の方も明日はいるのですが、
その人でさえもものすごいライターで、
僕らが知ってるような有名なメルマガを
何誌も代行して書いていたりします。

まさに、日本トップレベルの
実力者がそろっています。

表面上ではなく、
『ガチ』の実力者です。

あ、ちなみに表面上だけ有名で、
ネットビジネスのスキルはあまりない人も
実際いるのでそこら辺は見極めですよ。

今日もフツーに仕掛けられる側では
全く学べないことなど吸収できたので、
メルマガで還元できることは、
あなたにもシェアしますのでお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. リスク画像
  2. 進化 画像
  3. 社長室 画像
  4. スカイライン 画像
  5. B'z ガッ増
  6. 丁稚奉公 画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メールマガジンはこちら



お金や時間に縛られない世界で自分だけの理想の毎日を手に入れる無料メールレクチャー!詳しくはこちら



※現在、Yahoo!メールで登録すると不達になる可能性が高いため、Gmailでの登録を推奨しています。

このサイトについて

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 吉野家 画像
  2. 丁稚奉公 画像

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。